記事の一覧

2011年05月11日

VSclock使い方ガイド

VSclockの使い方を解説します。


※実際の商品とは電源スイッチの位置が異なります


制限時間は10秒刻みで60秒まで設定できます。ボタンを長押しすると、設定時間を示すLEDが点灯していきます。10秒刻みで10→20→30→40→50→60→10と変わっていきます。所望の秒読み設定時間になったらボタンを放してください。

そこで短くボタンを押すと、ゲームが始まります。10秒経つごとにブザーと共にLEDが右から一つずつ消えていき、10秒を切って5秒以下になると再びLEDが点灯し、1秒ごとにブザーが鳴りLEDが減って行きます。時間内にボタンを押すと最初からカウントダウンをやり直し、時間が切れるとブザーが3回鳴り、LEDも点滅します。

※本商品の計時精度には若干の誤差があります。1分当たり1秒以下のずれが生じます。公式大会などでのご使用はお控えください。
※先手後手で別々の秒読み時間を設定することはできません。
※秒読み専用の機械のため、持ち時間の設定はできません。
posted by VSclock at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。